がすてなーに ガスの科学館

03-3534-1111(受付時間 9:30~17:00)

Language

がすてなーに とは

何ができるの?どこにあるの?

「がすてなーに ガスの科学館」は、暮らしを支えるエネルギー「ガス」の特長やエネルギーと地球環境との関わりを体験型展示物やプログラムを通して、楽しみながら学べる施設です。

がすてなーに の想い

「エネルギー」「環境」を考えることは、未来を選ぶこと。

普段はあまり意識することのない「エネルギー」や「環境」ですが、エネルギーは家やまちのあちこちで活躍し、暮らしには欠かすことのできない存在です。また、環境は私たちの生活に深く結びついており、いまの暮らしが私たちの将来や地球の未来につながっています。そのため、持続可能な社会の実現に向けて、私たち一人ひとりが「エネルギー」「環境」について、自分ごととして考えることが大切です。
がすてなーにガスの科学館では、五感を使った体験による学びは、知識を得るための学びと合わせ、自ら気づき、考え、理解し、行動すること、さらには持続可能な社会の実現につながっていくと考えています。
当館では、身体を使って楽しめる体験型展示物をはじめ、コミュニケーターとともに楽しみながら考えるサイエンスショーやクイズ大会、他の参加者と考えや意見を分かち合うワークショップなど、多彩なプログラムを体験できます。みなさんもエネルギーや環境について、楽しみながら学び、考えてみませんか。
がすてなーにガスの科学館では、五感を使った体験による学びは、知識を得るための学びと合わせ、自ら気づき、考え、理解し、行動すること、さらには持続可能な社会の実現につながっていくと考えています。
当館では、身体を使って楽しめる体験型展示物をはじめ、コミュニケーターとともに楽しみながら考えるサイエンスショーやクイズ大会、他の参加者と考えや意見を分かち合うワークショップなど、多彩なプログラムを体験できます。みなさんもエネルギーや環境について、楽しみながら学び、考えてみませんか。

コミュニケーターについて

人とエネルギーをつなぐ 人と環境をつなぐ 人と人をつなぐ  それがコミュニケーターです。

コミュニケーターは、体験型展示物やプログラムを通して、みなさん自身の中にある「?(疑問)」「!(発見)」などの興味・関心を刺激し、暮らしと「エネルギー」「環境」とのつながりについて、理解を深めるお手伝いをします。さらに、家族、友だち、初めて会った人と、気づいたことを分かち合い、考えたことを語り合う場をつくることで、自分たちの描く未来に向け、行動するきっかけをつくります。

キャラクター紹介

  • プカ

    「ガス」と「炎」のキャラクター。得意技は液体(LNG)や気体の(天然ガス・都市ガス)への変身。世界中を旅する、頼りになるリーダー格。

  • ピカ

    ガスが生み出す「電気」のキャラクター。発電と発光が得意で、いつも動き回っている元気者。

  • ポカ

    ガスが生み出す「温かさ」「暖かさ」のキャラクター。おっとりとして気が優しいが、いざという時には頼れる存在。

沿革

1986年3月17日 東京ガス株式会社の創立100周年事業の一環として旧ガスの科学館開館
2006年3月24日 豊洲土地区画整理事業に伴い、旧ガスの科学館閉館
2006年6月2日 場所を移転し、がすてなーに ガスの科学館開館
2010年2月18日 来館者100万人達成
2011年6月2日 開館5周年
「Anniversary Book5th」PDF
2012年3月8日 1F展示室「プカのひみつ」リニューアル
2013年3月15日 1F展示室「ピカッとフューチャー」リニューアル
2013年10月17日 来館者200万人達成
2014年4月29日 環境エネルギー館と統合 リニューアルオープン 
「環境エネルギー館15年の歩み」PDF
2F展示室「探検プ・ポ・ピ ラボ」リニューアル
2016年6月2日 開館10周年