がすてなーに ガスの科学館

03-3534-1111開館時間10:30~17:00
(入館は16:30まで)

がすてなーにブログ

がすてなーにのススメ其ノ七
~家のガスを見守る機械のヒミツ~

お知らせ

2020/11/27

こんにちは!
寒い日には猫と一緒にぬくぬくしたい、がすてなーにコミュニケーターのみけです!

普段は展示室で、お客さまのご案内をしています。

 

今回は、あるスに関わる機械” についてご紹介します!

それはこちら!

 


この機械の名前はマイコンメーター』(ガスメーターとも呼ばれています)

ガスを使っている家の外にある機械 です。
展示室でもお客さまから「家の外で見たことある!」など、反応をいただきます。

 

でも、いったい何をしている機械なのでしょうか?

これから謎の機械『マイコンメーター』の働きと、ひみつをご紹介します♪

 

 

マイコンメーターは、ガスの通り道?!

 

マイコンメーターは、ガスの通り道であり、ガスの流れを見守っている機械 です。

都市ガス や LPガスは、マイコンメーターを通り、室内へと届けられます。

がすてなーに1F展示室のマイコンメーターを観察してみると……

 

 

 

ガスの流れる方向を示す矢印があります!

 

そして、マイコンメーターを通ったガスの量(ガスの使用量)を計っています。

 

数字の部分が、ガスの使用量を計っているメーターです!

 

………………マイコンメーターのひみつ①……………………………………………………………………………………

ガスの計量単位は、立方メートル(㎥)です。

見えない、かたちもない気体であるガスの体積をどうやって計っているのでしょうか?

最も多いのは「膜式(まくしき)」という方法です。

マイコンメーターの中には、動く膜(まく)で仕切られた2つの部屋があります。

どちらかの部屋にガスが一定量入ると、ガスの圧力で膜が動き、ガスを排出します。

この動きが2つの部屋で交互に行われ、膜の動きとカウンターを連結させて計量しています。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………

 

ガスの安全を見守る機械?!

 

マイコンメーターは、ガスの使用量を計るだけでなく、
ガスの流れを見守る中で、常に安全にガスを使用できているか、異常は起こっていないかを監視しています。
ガス機器の消し忘れなどによる長時間使用や一定時間に多量のガスが流れた時、

そして、震度5程度以上の地震を感知した時、マイコンメーターが自動的にガスを止めます!

 

震度5以上となれば、立っているのもやっとなくらい大きな地震です。
そんな時、焦らず、まずは私たち自身の安全を守ることができます。
この機能を知っているだけでも、安心感が違いますね!

 

………………マイコンメーターのひみつ②……………………………………………………………………………………

実用的なガスメーターは、1815年にイギリスで製作され、さまざまな改良が加えられてきました。

日本でも1904年には、国産のガスメーターが開発されます。

はじめはガスの使用量を計る機能のみでしたが、次第に安全のための役割も求められるようになりました。

東京ガスは、松下電器産業株式会社(現在のパナソニック株式会社)、大阪ガス株式会社とともに、

安全機能付のガスメーターの開発を進め、マイコンメーターが誕生しました!

東京ガスでは、1983年7月にマイコンメーターの設置を開始しました。

 

マイコンメーターの中には、
24時間365日ガスの安全を見守るコンピューターと、
地震の揺れを感知する感震器が内蔵されています!

 

多くの人がガスを使うようになったからこそ、安全性にも注目が集まりました。

 

 

▲ 1983年当時のマイコンメーター(模型)

写真のマイコンメーターは、構造が分かるようスケルトンになっている模型です。

感震器はまだ内蔵ではなく、コードで繋がった外付けでした。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………

 

止まったガスは、安全に問題がなければ、

誰にでも復帰操作を行うことができる のをご存じでしょうか?!

正しい復帰操作を行えば、わたしたちの手で、家のガスを再び使えるようにできるんです!

 

マイコンメーターには、復帰手順が書かれた黄色いタグがついています。

 

 

………………マイコンメーターのひみつ③……………………………………………………………………………………

復帰手順のタグは、ガス管(ポリエチレン管)をリサイクルしたものです!

 

東京ガスでは、使用済みのポリエチレン管を100%リサイクルしています。
復帰手順のタグ以外にも、文房具やポリ袋など、様々なものに生まれ変わっています!

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………………

 いかがでしょうか?

謎の機械、マイコンメーターは、日々わたしたちの身近で安全にガスが使えるよう見守っています!

わたしたちも、もしもの時に備え、マイコンメーターの場所や復帰方法を確認しておきましょう♪

 

また、マイコンメーターには多くの種類があります。

都市ガス用やLPガス用、家庭用や業務用、また計量の方法によっても大きさやかたちはさまざまです。

街の中を歩くと、きっと色んな種類のマイコンメータ―が見つかるはずです♪

 
がすてなーに1F展示室内「マイコンメーターってなーに?」のコーナーでは、

大きな地震が起こった時のマイコンメーターの働きを知り、復帰操作を体験することができます!

  

大きなマイコンメーターとガスコンロに、まるで小人になったようでわくわくしますね♪
がすてなーに に来た時には、

大きなマイコンメーターで復帰操作を体験してみたり、

本物のマイコンメーターを観察したりしてみてくださいね☆

 

マイコンメーターについて、東京ガスのwebサイトでもご紹介しています。

詳しくマイコンメーターのことや、復帰方法を知りたいという方は、ぜひご覧ください!

東京ガスwebサイト 『ガスメーターの役割と安心機能』のページはこちら

          『ガスメーターの復帰方法』のページはこちら

 

☆・・☆・・☆・・☆・・☆・・☆・・☆・・☆・・☆・・☆・・☆・・☆・・☆・・☆

 

 

展示室では、そのほかに地震や災害など、もしもの時、都市ガスの安全はどう守られているのか、

東京ガスの防災対策もご紹介しています!

ぜひ、あわせてご覧ください♪