がすてなーに ガスの科学館

03-3534-1111開館時間10:30~17:00
(入館は16:30まで)

がすてなーにブログ

がすてなーにのススメ其ノ拾七~○○になれる家ってなーに?~

お知らせ

2021/11/19

こんにちは!!

2021年も残り1か月半ほどになりました

今回のがすてなーにのススメは、ガス灯旅行ぬくぬくモフモフなものが大好きな

コミュニケーターの じゅんちゃんが担当します。

 

11月に入り、寒さが増してきました。

これからの季節はイベントがたくさんあるので、元気に過ごしたいですよね。

そこで今回おススメするのは元気になれる家ってなーに?です。

毎日を健康に過ごすためには、生活リズムを整えることが大切です。

この展示では曲のリズムに乗って、帰宅後から翌日の朝までの6つの生活シーンに合わせて、

ポーズを取りながら移動していきます。

 

では、早速体験している様子を見てみましょう♪ 

モデルはがすてなーに のキャラクター プカピカポカにお願いしました!

(どの場所のモデルをするか話し合い中です)

 

 

【帰宅】

プカが「ただいま~」と玄関をくぐると曲が流れます。

 

 

【シーン1 夕食】

 

寝る2時間前には食事を済ませます。

食事は、栄養のバランスを意識して摂りましょう。

食品に含まれる栄養素は、その働きによって3つのグループに分けられます。

(体を作るもとになる/タンパク質)、(体を動かすエネルギーになる/炭水化物)、

(体の調子を整える/ビタミン、ミネラル)です。

食事を摂る時間だけを気にするのではなく、栄養に偏りがないことも元気になれるポイントです。

 

 【シーン2・3  入浴】

ポカがシャワーを浴びた後、湯船につかっています。

 

お風呂も食事と同様に、寝る2時間前には入浴しましょう。

湯船にゆっくりとつかってリラックスします。

 

【シーン4・5 就寝】

ピカが部屋の電気を消して、寝る準備をしています。

寝る30分前には部屋を暗くしましょう。

 

【シーン6 翌日のトイレ】

ポカが起床してトイレに行きます。

 

翌朝のトイレでどのようなうんち(4パターン)が出たかで、元気に過ごせたかが分かります。

それから、この展示では写真や動画撮影ができるのでSNSに投稿できます☆

 

 

 

毎日を健康的に過ごすには、疲れを翌日に残さないことも大切です。

今回はこれから寒くなる季節でもあるので、じゅんちゃんが大好きなお風呂に注目してみましょう!

みなさんは良いお風呂の入り方って聞いたことがありますか?

いくつかあるポイントの中で3つ紹介します。

 

ポイント①食後は休憩してから入浴しよう

  食事をすると消化のために、消化器官(胃腸系)に血液が集中します。

  入浴は全身の血流を良くするので、食後に入浴をすると消化器官に集まる血液が分散されます。

  そうすると体調不良を引き起こす要因になります。

  食後から1時間程度休憩してから入浴しましょう。

 

ポイント②40℃で10分、湯船に入ろう

  シャワーを浴びるだけよりも湯船につかると、より疲れをとることができます。

  温熱や水圧作用で筋肉や関節の緊張が和らぎ、痛み(肩こり、腰痛、筋肉痛)や足のむくみが緩和されます。

  何よりも浮力があることで体が軽くなり(体重の1/10程度)、リラックス効果もありますよ!

  半身浴よりも全身浴の方が、より効果が高いです。

  湯温に体を慣らすために、かけ湯も忘れずに!

 

ポイント③入浴前に家族(同居人)に一声かけよう

  入浴中に具合が悪くなった時などに備えて、家族(同居人)に一言声をかけましょう。

 

それから入浴時は汗をかくので、入浴前後に水分補給もしましょう。

また快適な入浴時間にするため、お風呂に特化したアプリケーションが配信されています。

給湯や入浴時間のタイマーをかけたり、天候を調べたりするものや、

浴室を暗くし、スマートフォンの画面を様々な色に変化させ、バスライトとして使えるものもあります。

自分に合うものを探して試しみてはいかがですか?(スマートフォンの防水対策を忘れずに!

 

ブログを読んで「より健康な毎日を過ごすには、何をすればいいの?」と気になった方は、

2階展示室内「元気になれる家ってなーに?」に行ってみてください。

パネルでも詳細をお伝えしています。

では、がすてなーに でお会いしましょう!