がすてなーに ガスの科学館

03-3534-1111開館時間10:30~17:00
(入館は16:30まで)

新着情報

SDGs映画上映会

イベント

2023/01/25

「SDGs映画の傑作を観て、世界で起きていることを知り、自分ができるコトを語り合おう!」をテーマに、SDGs映画の傑作を3回シリーズで上映します。

がすてなーにでの初のSDGs映画上映会です。

日本だけでなく世界の社会課題を、より身近なリアルなコトとして知り、自分たちにできるコトを皆様と語り、一緒に見つける機会をつくりたい。そんな想いでSDGs映画上映会を開催する運びとなりました。フードロス問題の解決、プラスチックゴミによる海洋汚染の実態、幸せのヒントについて、SDGs映画を通して、一人ひとりが考え、良い行動が積み重なることが地球環境によい影響を与えるきっかけになると信じています。

※字幕映画であることをご理解いただいた上で、小学生とそのご家族にもご来場いただけます
 がすてなーにの入館は無料ですが、映画の鑑賞には入場券が必要です。

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「もったいないキッチン」

 

『食のもったいない』を美味しく楽しく解決!舞台は「もったいない精神」の国、日本。"もったいない精神"に魅せられ、オーストリアからやって来た食材救出人で映画監督のダーヴィド。日本を旅して発見する、サステナブルな未来のヒントとは。

   映画予告はこちら


■日時:2023年1月28日(土)10:50-13:00(開場10:30)
■入場券:大学生以上 500円、高校生以下 無料(要予約) ※申込はこちら
■定員:50名
■上映時間:95分(上映後に30分程度のグループディスカッションを予定しています)
■製作年:2020年
■監督: ダーヴィド・グロス



"もったいない"。元々は仏教思想に由来する言葉で、無駄をなくすということだけではなく、命あるものに対する畏敬の念が込められた日本独自の美しい言葉。そんな“もったいない”精神に魅せられ日本にやってきたのは、食材救出人で映画監督のダーヴィド・グロス。ところがもったいない精神を大切にして来た日本の食品ロスは、実は世界トップクラス。その量毎年643万トンで、国民一人あたり毎日おにぎり1個分。一家庭当たり年間6万円のまだ食べられる食べ物が捨てられている。ダーヴィドはコンビニや一般家庭に突撃し、捨てられてしまう食材を次々救出!キッチンカーで美味しい料理に変身させる“もったいないキッチン”を日本各地でオープンする。

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「プラスチックの海」

 

海がプラスチックで溢れている―。わたしたちには何ができるのだろうか。世界70カ国以上、1200回以上の上映。17カ国語に翻訳され、短縮版が国連本部でプレミア上映された話題作。

   映画予告はこちら

■日時:2023年2月25日(土)10:50-13:10(開場10:30)
■入場券:大学生以上 500円、高校生以下 無料(要予約) 申込はこちら
■定員:50名
■上映時間: 100分(上映後に30分程度のグループディスカッションを予定しています)
■製作年:2016年
■監督:グレイグ・リーソン

 

シロナガスクジラに魅せられ、幼い頃から追い続けていたクレイグ・リーソン。世界中の海でプランクトンより多く見つけたのはプラスチックゴミだった。美しい海に、毎年800万トンものプラスチックゴミが捨てられている事実を知り、海洋学者、環境活動家やジャーナリスト達と共に、自身が監督となり世界の海で何が起きているのかを調査し撮影することを決意する。調査の中で明らかになるのは、ほんの少しのプラスチックしかリサイクルされていないこと。海鳥の体内から、234個のプラスチックの破片が発見されるなど、海に捨てられたプラスチックで海洋生物が犠牲になっていること。そして、プラスチックの毒素は人間にも害を及ぼすかもしれないこと。撮影クルーは世界中を訪れ、人類がこの数十年でプラスチック製品の使い捨てを続けてきた結果、危機的なレベルで海洋汚染が続いていることを明らかにしていく。海と共に生きる全人類必見のドキュメンタリー。

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「happyーしあわせを探すあなたへ」

 

現代社会における「本当の幸せとは何か」を問うドキュメンタリー。NHK Eテレの「幸福学」白熱教室でも紹介された話題作!

   映画予告はこちら


■日時:2023年3月18日(土)10:50-12:40(開場10:30)
■入場券:大学生以上 500円、高校生以下 無料(要予約) 申込はこちら
■定員:50名
■上映時間:76分(上映後に30分程度のグループディスカッションを予定しています)
■製作年:2012年
■監督:ロコ・べリッチ

 

経済的な豊かさが必ずしも幸福度に比例しない現代社会、人間はどうしたらより幸せになれるのか? 幸福の国ブータンや、テレビの街頭インタビューでよく登場する東京・新橋のオフィス街、アメリカやブラジルなど世界16か国、4年にわたる撮影。幸福度の研究における世界的リーダーであるエド・ディーナー博士やリチャード・デビッドソン博士など、心理学や脳医学の世界的権威たちと共に、私たちがどのようにより充実感を得て、なおかつ健康で幸せな生活を手に入れることができるかを探求します。

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ご来場にあたり新型コロナウイルス感染予防および感染防止に対する対応についてをご一読の上、ご来場いただきますようお願いいたします。

◆◆◆◆◆◆SDGs映画上映会のお問い合わせ◆◆◆◆◆◆

東京ガスネットワーク株式会社 東京東支店      

Tel 03-5604-8120   (平日 9:00~17:00)まで     

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆